〈訳注〉『四庫全書総目提要』毛詩指説訳注 四庫全書総目の。探しましたが見つからなかったのでとりあえず全部作りました。四庫全書総目の韓子二十巻の書き下、現代語訳わかる方いませんか
分なすぎて困ってます
写真の一番上1、左下2、右下三の順番 見くくてすみません ﹃。崇文総目」は北宋の仁宗麿元年の三館?鹿閣の政書をもとに作 地氏天一画故の明
抄本 以下「花本?。に他文獻から紋線?解題を輯失した四庫全書本と『崇文總
目解棒』以 目』巻二之二史部目録類に替録されたのを最後に。光緒十五年刊の辞
しかし四庫全書本は底本や解答方法に闘するる。目』には優れた先行研究が
いくつかあるが。この問題にしてはいさ 。本文全百十一乗。九行二十餘字。誕
按。永楽大典芸。新居志。陳邵適画記一。宋志一作三程。集 たことがわかる。中古。四庫全書総目 》 全冊 中古 《自店管理番号-,
最初連勝した後。連敗した時はこのまま負け続けて。また十両に落ちて
肩透かしが得意だった伊勢ヶ濱親方が。『肩透かしの方法』を解説していた。
論理的には分かるが。実戦では相手もいることだし。身につけるのは難しそう。

簡介。この様な意味で最初に目録学の重要性を明確に提唱したのは。清の学者王鳴盛で
。彼は『十七史商カク』卷一に於いて。と言って書籍の高等批判と其の校讎
方法を研究する学問が。目録学であると定義付け。更に同卷二十二には。著述
の門戸」と言い。要は現在の如き。何かの学問をする時の工具書的存在ではなく
。本格的な基礎学問であった事が分かる。陳振孫の『書録解題』?晁公武の『
郡齋讀書志』?馬端臨の『文献通考』。そして清朝の『四庫全書総目提要』が
代表的な〈訳注〉『四庫全書総目提要』「毛詩指説」訳注。さらに。近年出版された『提要』の最も新しいテキストで 提要詩類選訳 毛詩指
説一巻」『詩経研究』第二十号。一 ある。魏小虎編撰『四庫全書総目彙訂』
上海古籍出版社。 九九六年二月としてまとめておられる。残し。現代語訳
においては正しく示し。その旨を注で明記 毛詩指説一巻[兩江總督採進本] した。
なお。握頭?平出については。いずれも九備詳齊魯毛韓四家授受世次。及後
儒訓釋源流「瓜授 第三」は。『提要』も述べるように。大きく前後二段に分 か
たれる。

探しましたが見つからなかったのでとりあえず全部作りました。原文は下記サイトを参照。四庫提要は考証学者が書いているので、引用箇所が沢山あります。なるべく引用元の文章や編目の構成を参照しながら読めば、前提としていることが分かりやすくなります。書き下し周の韓非撰しるす。『漢書』藝文志に『韓子』五十五篇を載せ、張守節の『史記正義』は阮孝緒の『七錄』を引き『韓子』二十卷を載せれば、篇數?卷數皆今本と相い符す。惟だ王應麟『漢藝文志考』のみ五十六篇と作すも、殆ど字を傳寫したるの誤りならん。其の注何れの人の作やを知らず。元の至元三年何犿本を考するに,稱すらくは舊もと李瓚の注有るも,鄙陋にして取る無ければ,盡く削去を為す云云と。則ち注者當に李瓚為たるべし。然るに瓚何代の人為るや、犿未だ之れを言わず。王應麟の『玉海』已に『韓子注』誰れか作すやを知らずと稱し、諸書も亦た別に李瓚の注したる『韓子』の文無ければ,犿何れに據る所を知らざるなり。犿本僅かに五十三篇なるも、其の序稱すらく内「奸劫」一篇,「說林下」一篇,及び「内儲説下」の「六微」の内「似煩」以下數章を佚すと。明の萬曆十年趙用賢購あがないて宋の槧を得たり、犿本と相い校するに、始めて舊本の六微篇の末に尚お二十八條有るを知れば,止だ犿の云う所の數章のみならず「説林下篇」の首に尚お「伯樂二人に踶馬を相するを教う」等十六章有るも、諸本其の文を佚脱し、「説林上篇」の「田伯鼎士を好む」の章を以て此の篇の「蟲に蚘なるもの有り」の章に逕接す。「和氏篇」の末に「和璞を獻ずると雖も、而るに未だ美ならざるも,未だ王の害と為らざるなり」以下より脱したること三百九十六字。「奸劫篇」の首に,「我清廉を以て上に事つかう」、以上より脱したること四百六十字。其の脱葉適たまたま兩篇の間に在れば,故に其の次篇の標題文と俱に佚す。傳寫したる者各の誤ちて下篇の半を以て上篇に連ね,遂に其の下篇を求めて得ざるも,其の實未だ嘗つて佚を全うせざるなり。今世の傳うる所,又た明の周孔教刊する所の大字本有り,極めて清楷為り。其の序は年月を著さず,未だ用賢本の前後に在るを知らざるなり。考するに孔教進士に舉げられるるは用賢の後十年に在れば,疑うらくは見る所も亦た宋の槧本ならん。故に其文均しく用賢本と同じうし,佚闕する所無し。今即ち據るに繕錄を以てし,校するに用賢の本を以てす。『史記』の非の本傳を考するに,非韓の削弱を見,數しばしば書を以て韓王を諫むるも,韓王用うる能わずと稱す。廉直の邪枉の臣に容れられざるを悲しみ、往者の得失の變を觀み、故に孤憤?五蠹?内外儲説?説林?説難を作ること十餘萬言。又た云えらく、人或いは其の書を傳えて秦に至り、秦王其の孤憤、五蠹の書を見ると。則ち非の著書は、當に未だ秦に入らざる前に在り。『史記』の自敍の所謂「韓非秦に囚われ、説難?孤憤」とは、乃ち史家の駁文にして、據と為すに足らず。今書冠するに「初見秦」を以てし、次は存韓を以てするは、皆な入秦後の事なれば、『史記』の自敍と相い符するに似たりと雖も、然れども傳稱すらくは韓王非を遣わして秦に使せしめ、秦王之れを悅ぶも、未だ信用せず。李斯?姚賈之れを害し、吏に下して非を治めしむ。李斯人をして之れに藥を遺おくり、自殺せしむ。其の間を計るに未だ必ずしも書を著す暇いとま有らず。且つ「存韓」一篇、終わるに李斯非の議に駁し、及び斯韓王に書を上たてまつるを以てす。其の事と文とは、皆な未だ畢わらずと為す。疑うらくは非の著す所の書は本と各自篇を為し,非の歿したるの後、其の徒編次を收拾し、以て一帙と成さん。故に在韓在秦の作、均しく收錄せられ、並びに其に私記未完の稿も亦た書中に收入せらる。名づけて非の撰と為すも,實に非の手づから定むる所に非らざるなり。其の本非より出づるを以て、故に仍りて非の名を題し、以て錄に著す。訳周の韓非の著。『漢書』巻三十藝文志には、『韓子』五十五篇と記載され、張守節の『史記正義』は阮孝緒の『七録』を引用して『韓子』二十巻と記載しているので、篇目数?巻数どちらも現行本と符合している。王応麟の『漢芸文志考』だけは五十六篇としているが、おそらく字を筆写した際の誤字であろう。応麟の書に附されている注が何者によって作られたのかは分からない。元の至元三年に出版された何犿本を調べると、「元々李瓚の注があったが、浅薄な見識で採用すべきものが無いので、全て削除した云々」と称している。つまり注をつけたのは李瓚であろう。しかし瓚がどの時代の人物なのか、犿本は言及していない。王応麟の『玉海』では「『韓子』の注は誰が作ったのか知らない」と言い、諸書にも李瓚の注がついた『韓子』の文が無いので、犿本の文章はどの版本に依ったのかわからない。犿本はたった五十三篇しかないが、その序文は次のように称している。篇目の内、「奸劫」一篇、「節林下」一篇、及び「内儲説下」篇の「六微」の中で「似煩〔類〕」以下数章が散佚している、と。明の万暦十年に趙用賢が宋本を購入し、犿本と対照させて校勘したところ、宋本「六微篇」の末尾にはまだ二十八条の文があったことを始めて知ったので、犿本が言及している数章どころか宋本の「説林下篇」の文頭にもまだ「伯楽が二人に人を蹴る馬の見分け方を教える」等十六章が書かれていたが、諸版本はそれらの文が脱落し、「説林上篇」の「田伯鼎は士人を好んだ」章を「説林下篇」の「虫には蚘という種類のものがいる」章に繋げている。「和氏篇」の末尾に、「汴和は玉を献上したが研磨されて美しくなってはいないものの、まだ王の害にはなっていない」箇所以下から396文字の脱落がある。「奸劫篇」の初めの部分に、「私は清廉な態度で君主に仕える」箇所から上に460字の脱落がある。脱落した葉の部分が偶然二つの編目の間にあったので、それ故に次の篇の題目と文がどちらも脱落している。書き写した者が各自誤って下篇の半分を上篇に続け、とうとう下篇を探しても見つけることができなくなったが、実際には佚文の収集が完全ではなかったのだ。今の世に伝わっている版本には、さらに明の周孔教が出版した大字本があり、極めて正確な楷書である。その序文には年月が書かれておらず、趙用賢本の年次が前後するかまだ分かっていない。考証したところ、周孔教が進士に及第したのは趙用賢の十年後なので、孔教が目にしたのも宋本ではないかと疑われる。それゆえ孔教の版本の文は用賢の版本と同じであり、脱落している所が無い。今、後世に補完された版本に依拠し、周用賢本によって校勘した。『史記』の韓非の列伝を考証したところ、韓非は韓の勢力が秦によって弱体化していく様を目にし、しばしば上書して韓王を諫めたが、韓王は韓非の意見を用いることができなかったという。韓非は正廉で正直な意見が奸臣によって取り入れられないことに悲しみ、過去の利害の変化を考察し、そのため「孤憤」?「五蠹」?「内外儲説」?「説林」?「説難」の約十万言を記した。また列伝が言うことには、「ある者が韓非の書を秦に伝え、秦王は「孤憤」、「五蠹」の書を目にした。」と。つまり韓非の著書はまだ秦に入国する前にあったのだ。『史記』の太史公自序のいわゆる「韓非秦に囚われ、説難?孤憤」とあるのは、歴史家の反論の文であって、根拠とするには足りない。今の版本は最初の篇を「初見秦」とし、「存韓」を次とするのは、全て秦に入国した後の出来事なので、『史記』の太史公自序と符合しているようだが、しかし伝承には「韓王が韓非を秦に使者として派遣し、秦王は韓非を認めたが、信用しなかった。李斯?姚賈は韓非に危害を加え、刑吏に下して韓非を拷問させた。李斯は人を遣わして彼に毒薬を送り自殺させた。」とある。その間の出来事を考えると必ずしも書物を記す時間は無かっただろう。かつ「存韓篇」は、李斯が韓非の議論に反論し、及び韓王に上書する所で終わっている。「存韓篇」の記す出来事と文章は、どちらも未完である。韓非が記した書物は元々各篇が別々の書となっており、非の死後に門弟が編纂された書を集め、一揃いの書物にまとめたのではないか。それゆえ韓非が韓において秦において作った文は、どれも収録され、また個人的に記した未完の原稿も書中に収録された。韓非の著と名付けられたが、本当に韓非が自ら編纂した書ではないのである。文章が元は韓非の執筆により世に出たので、故にそれに依拠して韓非の名を題名とし、著録したのだ。似煩:『韓非子』巻10、「内儲説下」の「六微」を見ると似煩ではなく似類とあるので誤字の疑いあり。蟲有蚘:『韓非子』巻7「説林下」の一節。現行本韓非子は「蟲有就」と作っているものが多い

  • ブロッコリー いつも調整豆乳にコンソメをいれて豆乳スープ
  • 徳井義実のチャック 25歳を過ぎてからコンビを結成して売
  • 理解しやすさ最優先 youtubeで字幕付きで英語の雑談
  • 野球が強い高校 スマホのパワプロで比較的簡単でかつそこそ
  • よくあるご質問 ここを押してしまったらメールがどこかにい
  • Tagged

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です