ファーウェイ警戒 すで日本以外ファーウェイZTEの製品ア。●英BTもファーウェイを排除。& x27;HUAWEI& x27;& x27;Who are you & x27;か ファーウェイ余計な部品見つかって、だ & x27;Who are you & x27;か … 分解たら“余計なの”見つかった! 日本政府「ファーウェイ排除」へ 12/7(金) 与党関係者「分解たころハードウェア“余計なの”見つかった」 スマホの売り上げ世界2位の中国IT大手「ファーウェイ」ナンバー2の逮捕 衝撃冷めやらぬ中、中国製のスマホ排除する動き広っている 日本政府各府省庁や自衛隊など使用する情報通信機器ついて、安全保障上の懸念、中国通信機器大手ファーウェイZTEの製品事実上排除する方針固めた 岩屋防衛相7日午前「実際今のころ使っておりませんので、ふぁ、ふぁ… ファーウェイさんね」話た 与党関係者よる、「政府ファーウェイの製品分解たころ、ハードウェア“余計なの”見つかった」いう 急速世界トップレベルの企業成長たファーウェイ、昨年度の日本国内おけるSIMフリースマホ出荷台数約100万台で1位の人気 世界で初めてカメラレンズ3つ搭載たスマホ開発たほか、ドコモ今年約5年ぶりファーウェイの製品発売するなど、日本で注目されるメーカーの一つだ すで日本以外ファーウェイZTEの製品アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの政府機関排除ており、さらイギリスの通信大手BTグループファーウェイの製品5G(次世代通信規格)排除する方針表明た オーストラリア政府。オーストラリア政府は月日。国家安全保障上の規制を通信設備メーカーにも
適用すると発表。早ければ来年に導入が始まる次世代通信ネットワーク「」
サービスで。中国ファーウェイ華為技術と中興通訊製

ファーウェイ以外も。政府機関に対し。ファーウェイをはじめとする中国企業社の製品を導入?使用し
ている企業との契約を禁ずることにしたからだ。月日。イギリス政府は
国内の通信業者に対して。年末までにファーウェイの製品の購入を止め
させ。年さらに。アメリカからも。日本企業にとっても見過ごすことの
できない情報が伝えられた。トランプ政権が名指しするこの「社」とは。
ファーウェイと「中興通訊」。監視カメラ大手の「杭州海康威視中国通信機器2社を入札から除外。政府が。安全保障上の観点から米国やオーストラリアが問題視する中国通信機器
大手2社について。情報対象となるのは。華為技術ファーウェイと中興
通訊ZTE。両社に対しては。米政府が全政府機関での製品使用を禁じて
いるほか。オーストラリア政府が第5世代5G移動通信整備事業

日本政府。共同通信によると日午前。日本政府は中国通信機器メーカーのファーウェイと
の製品を政府調達から事実上。排除する方針を固めた。ファーウェイと
を排除する動きは。アメリカと日本にとどまらず世界に広がっている。
ニュージーランドとオーストラリアが導入予定の通信網からファーウェイ製品
を排除する方向を固めているほか。イギリスの大手通信事業者グループも同社
のと通信網からファーウェイ製品を取り除く過程にあることを明らか日本政府。日本政府が。中国系メーカーのとを情報システム関連の入札対象から
除外する方針を固めた。と産経新聞が報じています。両社の製品は。中国政府へ
の情報流出やサイバー攻撃の危険性が指摘され。アメリカやオーストラリア政府
がオーストラリア政府は。サイバーセキュリティ上の問題を理由として。次
世代高速モバイル通信規格であるへのは。低価格の
スマートフォンが海外で人気を獲得しており。が公表した調査では

米政府。アメリカ政府はファーウェイなど中国企業社の製品を使う企業との取引を来月
から禁止します。排除の対象になるのは通信機器大手「ファーウェイ」や「
」。監視カメラメーカー「ハイクビジョン」や「ダーファ向け貿易は。非
同盟国からの調達を禁止する動きを加速させており。同盟国中心のサプライ
チェーン構築の流れとなっている。英。で日本に協力要請 ファーウェイ
排除受け 「や富士通がファーウェイに代わる調達先となる」可能性に言及ファーウェイ警戒。中国の通信大手。ファーウェイ幹部が逮捕された事件は。米中の対立を再燃させ
。関係各国もファーウェイの製品を中国は態度を硬化させており。首脳会談で
緩むかとみられた米中間の緊張はむしろ新たな水域に入る兆しも出ている。
特定の企業や機器を排除する目的ではない」としたが。ファーウェイや中興通訊
の製品を政府調達から排除する狙いがあるとみられる。
オーストラリア政府は次世代通信規格「5」通信網にファーウェイの参入を
認めない方針を決定。

制裁Huawei禁輸問題。ナバロ米大統領補佐官は日。中国の通信機器大手。への禁輸措置の緩和
についてコメント 「安全保障問題をイギリス。安全保障上のリスクは抑え
られるから排除しない米商務省の禁輸措置では。あるメーカーがファーウェイ
に対して製品を出荷しようとする場合。 その製品ファーウェイは開発銀以外
からも同様に貿易金融の支援を受けており。その扱いは中央政府直轄の華為
技術ファーウェイの製品を次世代通信規格「5G」の通信網から 排除

●英BTもファーウェイを排除 5Gの基幹ネットワークで2018.12.7 07:05ロンドン=岡部伸ロイター通信によると、英国の通信大手のBTグループは6日までに、中国の通信機器大手、華為技術ファーウェイの製品を、高速大容量の第5世代5Gの基幹ネットワークから排除する方針を表明した。BTは、ネットワーク設計に関する方針に基づき、3Gや4Gの基幹分野で華為製品を排除してきたのと同様に「5Gでも業者選定で華為を含めない決定を行った」と発表した。華為は中国政府との結びつきが指摘され、国家安全保障上の懸念からオーストラリアやニュージーランドが5G通信網の整備に華為の参加を禁じている。英秘密情報部SIS、通称MI6のアレックス?ヤンガー長官が3日、英国も、華為製品を排除すべきだと講演している。華為は、「われわれはサイバーセキュリティー関連の問題を起こしたことはない」と反論している。●中国「重大な懸念」 日本のファーウェイ?ZTE排除2018.12.7 20:07北京=西見由章日本政府が中国通信機器大手の華為技術ファーウェイと中興通訊ZTEの製品を政府調達から事実上排除する方針を決めたことについて、中国外務省の耿爽こうそう報道官は7日の記者会見で「重大な懸念」を表明した。耿氏は2社について「長期にわたり日本で合法的な経営を行ってきた」と強調した上で、「日本側が中国企業に公平な競争環境を提供し、相互信頼や協力を損なわないよう望む」と述べた。一方、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報電子版は6日付の社説で、華為の幹部が米国の要請によりカナダ司法当局に逮捕されたことについて、「卑劣な、ならず者のやり方だ」と反発。高速大容量の第5世代5G移動通信システムの分野で競争力が突出している華為を米国が押え込もうとしていると主張した。●「ファーウェイ使うな!」トランプ米政権が同盟国に要請 デジタル覇権でも対中姿勢鮮明 16時56分 ZAKZAK夕刊フジ ドナルド?トランプ米政権が日本などの同盟国に対し、中国の通信機器大手「華為技術ファーウェイ」の製品を使わないように求める説得工作を始めた。米紙ウォールストリート?ジャーナルが報じた。共産党一党独裁の中国による不正な通信傍受など、サイバー安全保障上のリスクが背景にあるようだ。米中両国間では、貿易も、安全保障上も対立が激しさを増すばかりだ。米国が「ファーウェイ禁止」を要請した対象は、日本やドイツ、イタリアなどファーウェイの製品が広く普及している同盟国だ。これらの国々には駐留米軍基地があり、基地からの通信の多くが民間通信網を経由している。そのため、中国製の通信機器が使われると、中国から、通信傍受によるスパイ行為で米国のハイテク技術が盗み出されたり、わざと通信を遮断される脅威にさらされる懸念がある。特に、米当局は中国製の高速大容量の第5世代5G移動通信システムのネットワークが基地内に入り込むのを恐れている。逆に、中国の通信関連製品の排除に協力した国に対しては、通信技術の開発に向けた財政支援を増やすことも検討しているという。米国防総省は中国の軍事?安全保障動向に関する今年の年次報告書で、「中国人民解放軍が、米国やその同盟国への攻撃を想定した訓練を重ねている可能性がある」と分析していた。それだけに、世界最強の軍隊や、情報?防諜機関が中国に侵食されるのを許さない。中国による米国内でのスパイ行為を問題視し、工作員らを次々と摘発しているのはその一環だ。トランプ政権は既に、米政府機関やその取引企業には、ファーウェイのほか、中興通訊ZTEの機器を使うことを禁止している。中国への技術流出を防止しようと、海外企業の投資を審査する「対米外国投資委員会」の権限も強化した。同盟国への今回の協力要請には、「米中新冷戦」が顕在化する中で、デジタルネットワークでつながった世界の支配権を中国には決して渡さない、というトランプ政権の強い意志がうかがえる。●米政府、日本など同盟国に中国「ファーウェイ」製品不使用を要求2018.11.23 12:14 産経新聞ワシントン=黒瀬悦成米紙ウォールストリート?ジャーナルは22日、トランプ米政権が日本などの同盟諸国に対し、ワイヤレスやインターネットの業者が中国の通信機器大手「華為技術ファーウェイ」の製品を使わないように求める説得工作を始めたと報じた。米政権による説得工作の対象は、日本に加えドイツ、イタリアなど華為の製品が広く使われている国々で、各国の政府関係者や通信会社の役員らに対し、華為の製品はサイバー安全保障上のリスクだと訴えたとしている。米国はまた、中国の通信関連製品を締め出した国に対し、通信情報分野での財政支援の拡大を検討しているという。駐留米軍基地のあるこれらの国々で中国製の通信機器が使われていた場合、米軍基地からの通信の多くが民間の通信網を経由しているため、中国による不正な通信傍受や恣意的な通信遮断による脅威にさらされる恐れがある。米国は特に、中国製の高速大容量の第5世代5G移動通信システムが普及することを強く警戒。米当局者の一人は今回の説得工作について同紙に「米国および同盟諸国と中国のどちらがデジタル網でつながった世界の支配権を握るかをかけた『技術冷戦』の一環だ」と指摘した。●ニュージーランド、オーストラリアに続き5G通信網の整備でファーウェイ製品の使用禁止2018.11.28 16:20 産経新聞シンガポール=吉村英輝ニュージーランド政府は28日、同国大手通信事業者のスパークから出されていた、高速大容量の第5世代5G移動通信システムへ中国通信機器大手の華為技術ファーウェイの製品を使う計画を退けた。ロイター通信が伝えた。現地メディアによると、スパークは、「国家安全保障上の重大な危険」を理由に当局から28日、不許可を告げられたと説明。ファーウェイ製品の使用は断念したが、2020年7月からの5G通信網立ち上げは、計画通りに進めるとしている。隣国のオーストラリア政府も今年8月、同国の5G通信網の整備に、ファーウェイや同じく中国通信機器大手の中興通訊ZTEの参加を禁止する決定を下している。米紙ウォールストリート?ジャーナルは今月22日、不正な通信傍受や意図的な遮断など安全保障上の脅威にさらされかねないとの懸念から、米政府が、日本など同盟国に対し、ファーウェイの製品を使わないように求める説得工作を始めた、と報じていた。●NZも「ファーウェイ」締め出し トランプ政権の“説得”影響か 2018.11.29 夕刊フジニュージーランド政府は28日、高速大容量の第5世代5G移動通信システムに、中国の通信機器大手「華為技術ファーウェイ」の製品を使うことを認めなかった。ロイター通信が伝えた。ドナルド?トランプ米政権の“説得”が影響した可能性が高い。現地メディアによると、ニュージーランド大手通信事業者のスパークから出されていたファーウェイ製品の使用計画を、当局が「国家安全保障上の重大な危険」を理由に不許可にしたという。隣国のオーストラリア政府も8月、5G通信網の整備で、ファーウェイや、同じ中国の通信機器大手、中興通訊ZTEの参加を禁止した。トランプ政権はすでに、米政府機関やその取引企業が、ファーウェイやZTEの製品を使うことを禁止している。通信傍受などによるスパイ行為で、米国のハイテク技術が盗み出されるのを防ぐためだ。こうしたなか、米紙ウォールストリート?ジャーナルは22日、トランプ政権が日本やドイツ、イタリアなどの同盟国に、ファーウェイの製品の使用禁止を求める説得工作を始めたと報じていた。日本にも、ファーウェイなどの製品は入り込んでおり、安全保障面からも無関心ではいられない。ニュージーランドやオーストラリアの動向を見て、安倍晋三政権がどう判断するのか注目だ。●カナダ、中国のファーウェイCFOを逮捕 イラン制裁違反か2018.12.6 09:22ワシントン=塩原永久カナダ紙グローブ?アンド?メール電子版は5日、カナダ当局が中国通信機器大手の華為技術ファーウェイの孟晩舟最高財務責任者CFOを逮捕したと報じた。対イラン制裁に違反した容疑で、米当局が孟容疑者の拘束をカナダ政府に要請していたという。同紙によると、孟容疑者は華為で取締役会の副会長を兼任。華為の創業者の娘でもあるという。カナダ司法省の報道官は同紙に対して、「孟容疑者が12月1日にバンクーバーで逮捕された」と明らかにした上で、裁判所での審尋が7日に予定されていると話した。米メディアは、米当局が孟容疑者の米国への引き渡しを求めていると伝えている。グローブ?アンド?メールによると、米ニューヨークの検察当局が華為の対イラン制裁違反について捜査を進めている。米政府はすでに、華為に加え、同じ中国通信機器大手の中興通訊ZTEが「中国情報機関と関係がある」として、2社の製品を米政府機関が調達することを禁止した。オーストラリアやニュージーランドも、高速大容量の第5世代5G移動通信システムの整備をめぐって、華為やZTEを参画させない決定をしている。中国と貿易問題で対立するトランプ政権は、対イラン制裁に違反したとしてZTEに対する米製品の輸出を一時禁止し、部品調達が途絶えたZTEが一部事業の停止などによって経営難に陥ったことがある。●ファーウェイ幹部逮捕 違法な金融取引に関与か HSBC利用2018.12.7 07:05 ニューヨーク=上塚真由カナダで逮捕された中国通信機器大手、華為技術ファーウェイの副会長兼最高財務責任者CFOの孟晩舟もう?ばんしゅう容疑者について、ロイター通信は6日、米当局が違法な金融取引に関与した疑いで捜査していると報じた。米国による対イラン制裁を回避するための仕組み作りに関わった疑いがあるという。孟容疑者は米当局の要請により、バンクーバーで1日に逮捕された。米当局はカナダ政府に身柄の引き渡しを求めているが、中国が釈放するよう両国に要請し外交問題に発展している。ロイター通信によると、米当局は少なくとも2016年から、対イラン制裁に違反した疑いで華為への捜査を続けてきた。最近になって、イランとの違法取引に英銀行大手のHSBCを利用していたことが判明したという。米紙ウォールストリート?ジャーナル電子版は、HSBCが華為による疑わしい金融取引を把握し、米当局に報告したと報道。HSBCは今回の捜査対象には含まれていないとしている。またロイター通信は、トランプ米大統領が1日にアルゼンチンで行われた米中首脳会談前に、孟容疑者の逮捕をカナダに要請した件について知らされていなかったと報じた。ボルトン米大統領補佐官国家安全保障問題担当は6日、米公共ラジオNPRに対し「自分は事前に知っていた」と明かす一方、トランプ氏については「分からない。司法省からの報告は多く、大統領に全てを報告するわけではない」と述べるにとどめた。カナダのトルドー首相は6日、逮捕に関する情報を数日前に把握していたとした上で「政治的な関与や干渉はなく、捜査当局が判断した」と述べ、司法判断に委ねる考えを示した。●政府、10日にも中国2社製品の排除決定 ファーウェイとZTE2018.12.7 18:44 産経新聞政府は、10日にも各府省庁のサイバー攻撃対策担当者による会議を開き、中国通信機器大手の華為技術ファーウェイと中興通訊ZTEの製品を政府調達から事実上、排除する方針を申し合わせることを決めた。米政府は全政府機関で両社製品を使用することを禁じており、日本政府も共同歩調をとって対処すべきだと判断した。ただ「2社を名指しすれば買い控えが起きる可能性がある」政府関係者として社名を公表するのは避け、「安全保障上の観点を考慮する」といった表現で申し合わせるとみられる。菅義偉官房長官は7日の記者会見で「具体的な取り組み状況についてコメントすることは控える」とした上で「わが国全体のサイバーセキュリティーの向上に向け、引き続きさまざまな観点からしっかり取り組んでいきたい」と述べた。●中国2社排除、携帯大手は次世代基地局見直しも2018.12.7 20:55 産経新聞政府が7日、中国通信機器大手の華為技術ファーウェイと中興通訊ZTEの製品を政府調達から事実上、排除する方針を決めたことで、華為の基地局を設置しているとされるソフトバンクなど携帯電話大手各社は事業の見直しを迫られる可能性がある。来年10月に参入する楽天の三木谷浩史会長兼社長は同日、東京都内で取材に応じ「中国メーカーの基地局は使わない」と強調。安定性を重視してネットワーク構築を進める考えを示した。関係者によると、華為やZTEは、基地局メーカーとして価格の安さと高い技術力を背景に世界中でシェアを伸ばしており、国内でも現行の第4世代4G移動通信方式については、ソフトバンクやKDDIauなどが基地局に華為製品を使用している。NTTドコモはNECや富士通など国内メーカーを採用しているという。一方、平成32年に携帯大手各社が本格的にサービスを開始する次世代の5Gについては、ソフトバンクは華為と共同でIoTモノのインターネットサービスの実験を公開するなど商用化に向けた調整を進めており、基地局整備も協力して進める方針とみられる。ドコモも華為と実験を実施したが、商用化に当たっては、国内各社の基地局を採用するとみられる。関係者は、華為の基地局やネットワーク設備について「安く仕入れられるが、携帯事業者による独自の設定変更がしづらい」と指摘する。ただ、5Gになると電波の特性上、小型の基地局を多数配置することが必要となることなどから、「低価格の華為がよりプレゼンスを高めるのでは」と予測する。半面、別の関係者は「携帯各社も政府の意向は軽視できないので、基地局調達などで中国製品は仕入れにくくなる可能性もある」と話す。7日に都内で、基地局建設の安全祈願式を開いた楽天の三木谷氏も「今のところはわれわれの整備する基地局には、中国メーカーは入っていない」と説明した。また、ソフトバンクが6日に、スウェーデン通信機器大手のエリクソンのソフトウエア異常で大規模な通信障害を起こしたことも踏まえ、「楽天のネットワークは旧来型と違い、安定したネットワークを自動で提供できるが、一層、身を引き締めて安定性を追求したい」と述べた。楽天は、フィンランドのノキアと全面的に協力して、基地局整備などを進める方針を示している。●分解したら“余計なもの”が見つかった!?日本政府も「ファーウェイ排除」へ金 21:35FNN PRIME◆与党関係者「分解したところハードウェアに“余計なもの”が見つかった」スマホの売り上げ世界2位の中国IT大手「ファーウェイ」ナンバー2の逮捕。その衝撃が冷めやらぬ中、中国製のスマホを排除する動きが広がっている。日本政府は各府省庁や自衛隊などが使用する情報通信機器について、安全保障上の懸念から、中国通信機器大手ファーウェイとZTEの製品を事実上排除する方針を固めた。岩屋防衛相は7日午前「実際には今のところ使っておりませんので、ふぁ、ふぁ…?ファーウェイさんはね」と話した。与党関係者によると、「政府がファーウェイの製品を分解したところ、ハードウェアに“余計なもの”が見つかった」という。◆逮捕されたナンバー2の父?創業者CEOは元軍人急速に世界トップレベルの企業に成長したファーウェイは、昨年度の日本国内におけるSIMフリースマホ出荷台数が約100万台で1位の人気。世界で初めてカメラレンズを3つ搭載したスマホを開発したほか、ドコモが今年約5年ぶりにファーウェイの製品を発売するなど、日本でも注目されるメーカーの一つだ。取材班がファーウェイのスマホを使っている人を町で探してみると…観光で来日した19歳の中国人学生は「中国で使う分には便利だ」「iPhoneも持っているけど、そこまでいいとは思わない」また38歳の中国人女性は「友達も使っているし機能もとても良いです。ファーウェイを応援している」と話した。実は今回逮捕されたファーウェイナンバー2の孟容疑者の父で創業者の任正非CEOは中国人民解放軍の元軍人。ファーウェイとZTEは、中国政府と密接な関係が指摘されていて、日本政府の今回の措置はサイバー攻撃を防ぐ狙いがある。ただ中国を刺激しないよう2社の名指しはしない方針だ。◆中国外務省「相互信頼と協力を損ねることをしないよう日本側に望む」中国外務省は7日夕方の会見で、「日本で経営している中国企業に公平な競争の環境を与え、相互信頼と協力を損ねることをしないよう日本側に望む」と強調。すでに日本以外にもファーウェイとZTEの製品はアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの政府機関が排除しており、さらにイギリスの通信大手BTグループはファーウェイの製品を5G次世代通信規格から排除する方針を表明した。一方、ロイター通信はアメリカ当局が「イランとの制裁を回避する違法な金融取引に孟容疑者が関与した疑いで捜査している」と報道。孟容疑者を保釈するかどうかの聴聞会は現地時間の7日に行われる。

  • マイクラマルチ募集 マルチプレイのホストって解散とか出来
  • not監督生 友達に付き合ってるの楽しくなさそうと言われ
  • 中?高化学解説 エタノールと精製水の混合物は電解質ですか
  • 社会福祉法人 大阪府のショートステイは営業されてますか
  • 友人の子供 しばらく連絡のとれない友人がいて心配していた
  • Tagged

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です