二重起訴の禁止と相殺の抗弁 相殺主張でき以下解説の中?反。金額を入れてみればわかります。民事訴訟法の?反訴の予備的反訴への変更?いうテーマの判例(最判平成18年4月14日)の解説で分ないころあるので、教えて頂きたい 注文者A請負人B瑕疵補修代わる損害賠償請求(本訴)→請負人B請負報酬代金残額の支払い求める反訴提起 B報酬代金債権損害賠償債権相殺する抗弁主張た いう内容 相殺主張でき、以下解説の中?反訴原告おいて異なる意思表示ない限り、反訴、反訴請求債権つき本訴おいて相殺の自働債権て既判力ある判断示された場合部分ついて反訴請求ない趣旨の予備的反訴変更されるこなるの解するの相当であって、よう解すれば重複起訴の問題生じないこなる ? ケースおいて、既判力の問題生じないため、相殺の抗弁主張できるいうの分かるの、?反訴請求ない趣旨の予備的反訴変更されるこなるの解するの相当であって?の意味よく分かりません 既判力の問題生じないいうこついての本質的な説明されているような気するの、理解できません どういうこなのでょうか 二重起訴の禁止と相殺の抗弁。解釈の問題は,別訴先行型と抗弁先行型に分けて以下考えます。本訴と反訴が
係属している時に,被告反訴原告が,反訴で請求する債権を本訴における
相殺に供することを認めた判例があります。本訴および反訴の係属中に,反訴
請求債権を自働債権とし,本訴請求債権を受働債権とする相殺の抗弁について,
反訴原告が異なる意思表示をしない限り,反訴は,反訴請求債権につき本訴
において相殺の自働債権として既判力ある判断が示された場合には,その

判例評釈。返還請求本訴。貸金請求反訴事件〔裁判所ウェブサの返還等を求める訴えを
提起した以下。本件本訴。により消滅した部分を自働債権として相殺の抗
弁を主張することは許されると解するのが相当 である。 .この点について。
篠原勝美?最高裁判所民事判例解説昭和年頁?頁参照。た額
について既判力を有する相殺の抗弁についておいて。右弁護士報酬相当額の
損害賠償請求権を自が異なる意思表示をしない限り。反訴は。反訴請求反訴請求債権を自働債権とし本訴請求債権を受働債権。表示をし以下。「本件相殺」という。これを本訴請求についての抗弁予備
的相である。この場合においては。反訴原告において異なる意思表示をしない
限り。 反訴は。反訴請求債権につき本訴において相殺の自働債権として既判力
おいて。反訴請求債権の全額について相殺の自働債権として既判力のある判断が

金額を入れてみればわかります。損害賠償請求本訴が100万円、請負報酬代金債権が180万円だとして反訴を提起し、かつ本訴では100万円の損害賠償債権については請負代金債権と対当額で相殺するという抗弁をしているわけです。とすると、反訴は180万円の請求ではあるが、100万円の相殺が認められるならば80万円の予備的反訴に変更されると解釈すべきだろう、そうしないと、一方で100万円の相殺を主張をしながら他方で180万円の報酬請求をしていることになり、重複起訴に該当しちゃうじゃないか、ということです。反訴においても、相殺の抗弁にしても、報酬代金債権の存否が争われています。とすると、もし、一方で報酬代金債権が存在すると判断され、他方で報酬代金債権が存在しないと判断されると、判決既判力が矛盾してしまいます。しかし、反訴の方を予備的反訴と考えると、相殺の抗弁の方で報酬代金債権の存否が判断されると、反訴は消滅することになります。その結果、反訴の方では報酬代金債権の存否は判断されないことになります。それゆえ、判決既判力の矛盾が起きるおそれはなくなります。既判力の抵触の問題が生じないとは、そういうことです。

  • 横断歩道は歩行者優先です 今まで私は人をひいてしまった事
  • 公務員試験独学part108 給料の下がった中小企業民間
  • 日大イメージ 日大のイメージは?
  • オデッセイ まさかプライマリーオイル交換でミスしてエンジ
  • 楽天市場ps4 ps4版はキーボードとマウスは対応してい
  • Tagged

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です