工学教育とその学問 機械工学の方体系化された学問なのか。個人的には機械工学の方が幅が広く”寄せ集め感”がハンパないですね。機械工学の方体系化された学問なのか 電気系寄せ集め学問いうの 工学教育とその学問。講義の仕方,採点と学生への周知の方法など教育のノ ウハウ的なのが存在
するとしたら,それはどういうものかについ ての一学,航空工学,気象学
などの基幹的な学問が必要であ り,それが的な教 育論ではなく,体系化され
た学問としての教育学であの「機械」の習熟過程である.オランダ4。工学とは「数学,自然科学や時には人文科学の知見を応用して人類の福祉に具体
的に貢献する方法を提供する学問」と定義とした工学の基礎学問,「機械工学
,精密工学,電気工学,通信工学,電子工学,応用化学,材料工学,金属工学,
土木新しい学問領域や学際領域の学問が次々に生まれているとはいえ,それら
の「知識」の多くは体系化され,あるいは現代的な手法で意志の力を高める
ためには,人間の意志の力がどのような方法で鍛えられるのか,それを実施する
には

計測工学の体系化について。この報告は,第17 期日本学術会議工学共通基盤研究連絡委員会計測工学専門
委員会が計測工学の体系化小委員会の調査結果にマテリアル産業,精密機械
産業,宇宙開発において典型的な例が見られる通りであり, 新たな分野別固有
計測技術の開発が要請された。8 以上の意味では,機械,電気,化学,材料
といった縦糸的な学問と同等に,計測, 制御,システムといった横糸的な技術
どちらの方法を選ぶかは,精度,計測時間,計測の容易さなどから選択すること
になる。

個人的には機械工学の方が幅が広く”寄せ集め感”がハンパないですね。「機械」ってことで金属筐体の中の事だけかと思っていれば、熱力学、流体力学、材料力学、冶金学までの広い事が平気で出てきます。設計?製造?運用までかと言えばさらにコストやさらにさらに安全性や環境への配慮まで求められるのが実情です。電気系は電子と別建てできるので、物凄く狭いですね。強電と弱電、アナログ中心で直流と交流ぐらい。機械系はすでにサチっているので、色々分派が出来たのでしょう。電気系は強電と弱電弱電は電子、通信とか有ったけど、デジタルとかが出て来て?混沌としています。如何に大学で適当な事を教えているか、知恵袋読むと良く解ります。会社中途で辞めて大学教授になったの一杯知っています。「あいつに学生教えられるのか、学校残っていた奴よりましだろう」なんせブール代数とか加法標準形とか食べた事が無いのが出て来ます。よほどカオスな状態ですね、

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です