意地の張り合い 阪急近鉄や京阪犬猿の仲で仲悪いの本当か。京阪とはそんなに険悪な状態では有りません。阪急近鉄や京阪犬猿の仲で仲悪いの本当か 近鉄三宮駅へ特急。神戸?阪神間から奈良方面へ直通し。利用が好調に推移する中。伊勢志摩や
名古屋まで走る近鉄特急の乗り入れに期待が高まっている。 新たな需要開拓へ
意欲満々の近鉄に対し。ダイヤへの影響などを懸念する阪神電鉄は慎重な構えで
。実現には西日本。東海。阪急。近鉄。阪神。京阪。山陽電鉄。九州
。四国など。西日本の鉄道に関する情報しかし。阪急と近鉄は犬猿の仲と言
われるほど仲が悪いので。このようなことを阪急が許可することはないで意地の張り合い。大阪なら近鉄。阪急。南海。阪神。京阪。さらに各社に複数私鉄はあります
。近鉄は名古屋駅まで乗り入れていますし。第三セクターの愛知環状鉄道や城北
線。豊橋鉄道といった路線もあります。しかし。名古屋駅から乗る私鉄と言えば
大阪方面へ向かう近鉄名古屋線以外は全て名鉄です。現在名古屋に住んでい
ますが。名鉄と市交ってそんなに仲が悪いのですか。鶴舞線を介して

仲の悪い鉄道会社を上げるスレ。こことここは絶対仲が悪い鉄道会社をあげて
ください。 出来れば理由も。酉のほうは。そんなに嫌ってないかもしらんが。
阪急?阪神では。 最近しRへ南海 対 近鉄; 。名無しで!。
阪急と近鉄も仲が悪いと思われ。スル関近鉄加盟を阪急は
渋ったし。そのせいか理由は言うまでも無く新京阪線が阪急に奪われたから
と思っている一日に何本かある。弘前での特急つがる→五能線の乗り継ぎが
悪過ぎる阪急社長。そうすれば。近鉄電車を新開地止まりにできるし。高速神戸駅では同一ホームで
西神中央や姫路もしくは谷上や阪急梅田でも。阪急と近鉄は仲が悪いから近鉄
電車が神戸高速鉄道に乗り入れることが現実味を帯びてきたから阪急は神戸高速

近鉄線が好きな方。学生の頃。近鉄奈良線を使って大和西大寺駅から大阪まで通っていました。
丹波橋から京阪電車に乗り換える時の面倒くささは異常。 + -本当の京都
をまだ知らないって幸せだね。 +近鉄南大阪線沿線の職場に通うため。遥々
と阪急で大阪に来て市営地下鉄にまた遥々乗り。天王寺で大阪阿部野橋駅に
乗り換え。阿部野橋から河堀口まで一駅だけ乗ってます。ただ。河内長野駅で
の南海高野線との接続が悪くて^^;←高校では。近鉄と南海は仲が悪い?仲の良いバス会社。悪いバス会社 。 。同じエリアでも。蜜月。犬猿の仲のバス
会社についてどうぞ 。国道774号線。西日本ジェイ
アールバスと京阪バスはどうよ? 。国道774号線。阪急
バスと近鉄バスは仲が悪い逆に系列の和歌山バスとは分社化後20年犬猿の
関係。

京都徒然観光案内。私鉄は阪急。京阪。近鉄があるが。繁華街の四条付近に乗り入れているのは地下
線の阪急だけ。しかも阪急の四条河原町と京阪の祇園四条駅はすぐそこなのに
連絡通路もない。仲が悪いのか? <京都市営バス> では京都観光に一番向いて
いる

京阪とはそんなに険悪な状態では有りません。近鉄とは将に「犬猿の仲」です。元々摂津市?茨木市をエリアにしていたバス会社を近鉄バスが買収したのが、「犬猿の仲」の始まりです。近畿日本鉄道近鉄と阪急電鉄の2者は、創業期はどちらも岩下清周が深く関わり、姉妹関係にあって、路線網も全く競合しない鉄道会社ですが、その後のイザコザをきっかけに、お互いに実際に競合関係にあるJR西日本以上に強いライバル意識を抱くようになりました。関東で例えるなら1950年代の「箱根山戦争」時代の東急電鉄?小田急電鉄と西武鉄道今の東急?小田急と西武はかなり良好な関係ですというよりか、現在のJR東日本とJR東海に近い構図かと思われます。2018年までのジャニーズで例えるならメリー派と飯島派で分かれているような感じですね。関西は元から国鉄→JRが弱く、大阪メトロも東京メトロほどの私鉄各社に対する影響力を持たないつまり私鉄より上に立つ会社や、中立関係を取りまとめる会社がないため、今もこの2社間は嫌悪ムードが続いています。阪急と阪神電鉄が経営統合しましたが、阪神の現場レベルでは近鉄と親しく、阪急に対してはまだライバル意識が残っています。阪神なんば線で阪急と近鉄は間接的に繋がったのに、2019年現在もまだ合同イベントを開いたことは一切ありません阪神?山陽?近鉄と組んでイベントをする時は阪急は一切参加しない、一方で阪急のイベントでは阪神及び、北急?能勢電鉄?神戸電鉄?北神急行などの元から傘下だった私鉄の出展はあるが、近鉄と山陽は一切出展なし。阪急と近鉄はどちらも新幹線開業以前から高規格の標準軌路線を持ち、阪急は東芝と東洋電機製造、近鉄は三菱電機と日立製作所と強い取引関係を持っているなど電機メーカーを巻き込んだ競争の場であったのも事実ですが、やはり仲違いになった原因は他の方が述べられている通り、昭和39年の大阪万博開催決定の時に近鉄がその利権にあやかりたいが故に、阪急のテリトリーでもある北摂に進出したこと翌40年に独立系バス会社だった茨木バスを近鉄が買収したこともその一環と、同時に本業及び副業の拡大の時に阪急のやり方を真似たことです。小林一三氏や阪急の施策を真似ること自体は、東急や西武や東武鉄道や京浜急行電鉄京急など他の大手私鉄でもよくあった話ですが、佐伯勇氏が率いる当時の近鉄はそれがあまりにも直球かつパクリの要素が強く松竹が運営したOSK歌劇団に出資したり、それまでオレンジ色に白のラインやアイボリー色に青のラインや濃緑色だった通勤車の車体を阪急のものよりやや赤っぽいマルーン色にして統一みたり、阪急の怒りを買ったのかもしれません。その仕返しかどうかは定かではないですが、阪急も1960~80年代にかけて近鉄と中部地方?九州地方の利権を争っていた名古屋鉄道名鉄や西日本鉄道西鉄に対して全面協力しています。名鉄とは名鉄東宝や名鉄百貨店を作ったり、名鉄6000系後期車は阪急の影響が見られたりしています。西鉄とも1983年から高速夜行バスのムーンライト号2017年廃止で傘下の阪急バスと運行協力しました。近鉄傘下の近鉄バスも1989年になってから阪急西鉄連合の後を追う形で九州地方に高速バス路線網を広げましたが、西鉄が強い福岡県だけは未だに進出できていません。あと、阪急は表面的にはライバル関係に見える京阪電鉄とでさえ裏では両社で協力していたりします。京阪ザ?ストアや京阪百貨店は阪急百貨店のノウハウが入っています。そしての近鉄バファローズのパ?リーグ優勝の日試合相手は西武ライオンズの夕方に、なんと阪急はブレーブスのオリックスへの身売り話をぶつけ、近鉄優勝で酔っていた在阪マスコミを混乱させました。阪急傘下のイメージが強い北大阪急行電鉄や大阪モノレールには近鉄や京阪の広告が掲載されていることがよくありますが、この2社は完全な阪急の子会社ではなく大阪府との第三セクターなので阪急の一存だけで決めることはできません。ただ1989年頃からJR西日本が徐々に勢力を拡大し、主に阪急を中心に乗客を奪うようになってから阪急も少しずつ折れつつあります。1992年にはそれまでライバルだった阪神と定期券の共通化を始めました。そして2000年まで阪急社内にあったスルッとKANSAIを取りまとめる部門をスルッとKANSAI協議会として独立させ、幹事会社も大阪メトロ当時は大阪市交通局に移したのは、JR西日本と組むよりはマシということで、奈良を中心に莫大な路線網を持つ近鉄を引き入れ、関西私鉄だけで独自の路線網を構築する阪急の狙いがあったためです。しかし近鉄は阪急が定めたルールに完全に飲み込まれることを嫌がり、さらにJR西日本をそれほどライバルと捉えず、むしろ傘下の近畿車輛の大事なお得意先と考えていたためか結局JR西日本のJスルーカードと二股を掛けた形で参入しました。スルッとKANSAIのベースはあくまで阪急と東芝が開発したラガールカードで、Jスルーカードもそれを踏襲し、どちらも近鉄と三菱電機が開発したパールカードと互換性が全く無く、近鉄側のシステムの一方的な大規模な改修を避けられなかったというのもあります。近鉄はICになってからもPiTaPaには一応参入したものの、あくまでJR西日本のICOCAをメインとし、IC定期券はICOCA一本とし、PiTPa定期券は発売しませんでした京阪も発売せず。逆に阪急は2019年までICOCA?ICOCA定期券を発売せず。。さらにJR四国、あいの風とやま鉄道?IRいしかわ鉄道JR西日本北陸本線金沢~市振駅間を引き継いだ第三セクターと同様に常時販売の独自デザインのICOCAカードを販売しています京阪、阪神の独自カードは現在のところ限定販売のみに留まっています。今年春になって阪急梅田駅の近鉄の広告を阪急が載せたことは一つの話題になりました。理由はJR西日本が全面開業させたおおさか東線が阪急?近鉄の両社にとって脅威になるからでしょう。俗説を聞かれたのだと思いますが、話した人の勘違いかあなたの聞き間違いです。戦時中に国策で私鉄の合併が進められ、京阪と阪急は一つの会社になりました。戦後に会社を分割する際に、京阪が子会社を作って建設した新京阪線現在の阪急京都線は路線の繋がりから阪急の路線になりました。また、京阪系の会社であった奈良電気鉄道現在の近鉄京都線は近鉄系になり、後に近鉄に吸収されました。京阪ファンの中にはこのことで京阪は成長の機会を失ったとして、これらの路線は本来京阪の物なので返せと主張している人がいます。だから、俗説は「京阪は阪急や近鉄と犬猿の仲」です。実際には他の回答にもあるとおり乗換可能な駅での案内もしっかりしており、仲が悪いということはないですね。昔はどうか知りませんが今は大丈夫だと思います。他の方もおっしゃってますが、スルッとKANSAIにも加盟してますし、京阪の祇園四条駅には阪急河原町駅の時刻表が掲示されてますし、逆に阪急河原町駅には京阪祇園四条駅の時刻表が掲示されてます。仲が悪ければ、資材などの受注発注もないでしょうし、スルッとKANSAI協議会も一緒に運営しませんでしょうね。

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です