最近のファンタジー作品“主人公最強で敵無”みたいな印籠ア。努力よりも一攫千金、みたいな今の風潮を反映しているんですかね。最近のファンタジー作品“主人公最強で敵無”みたいな印籠アニメ(水戸黄門の印籠出せば最強みたいな構成なので勝手そう呼んでます)流行っているのでょうか SAOやオーバーロード、転スラみたいな作品 レトロアニメのスレーヤーズや爆裂ハンター、オーフェン 最近のアニメでノラガミやキルラキル、ハガレン、進撃 噛み砕いて言えばワンピースやナルト、ジョジョの様な主人公弱くて、で強く成り上って行く流れ飽きてまったのでょうか だ、新鮮さ求めて人気有るのでょうか 前者の作品否定ている訳で無く、純粋面白い思う理由知りたい 語れる人お願います 「最近のファンタジー作品“主人公最強で敵無”みたいな印籠アニメ水戸黄門の印籠出せば最強みたいな構成なので勝手そう呼んでます流行っているのでょうか」に一致する情報は見つかりませんでした。

努力よりも一攫千金、みたいな今の風潮を反映しているんですかね?楽して豊かになりたいと願い続けて最後は転落。少年ジャンプが長年の読者アンケートから導いて1980年代に確立した大ヒット作品の黄金パターン3要素は大切な順に「①友情、②努力、③勝利」でした。現代では読者や視聴者の意識が変わり③の「勝利」する要素が最も重要視され、怒涛のような圧倒的大勝利の快楽を読者や視聴者に浴びせるように疑似体験させ続けることが大ヒットの方程式となった、かのように一見すると見えます。しかし個人的には「大勝利」の要素以上に大切なのは異世界転生物のパターンとなっている1話冒頭で神的な存在から一瞬でチカラを授かるという庶民がタナボタで一挙に特権階級へとステップアップする「大ラッキー」要素の快楽を疑似体験させることであろうと推察します。読者または視聴者の意識変化については時代の変化に鳴動していると考えるのが一般的な見解でしょう。80年代はバブル経済の時代であり日本がどんどん豊かになっていくことを誰もが肌で感じて、列島全体がイケイケムードに包まれていた時代でもあります。一億総中流意識と言われ、努力さえすれば誰もが豊かな将来を獲得できるという認識を漠然と持っていた希望に包まれた時代でした。そういう貴族的な自己像を持つ読者たちにとって努力して頑張りさえすれば勝利はいずれ必ず手に入る物なのでそれほど焦らずとも結果を手に入れるまでのプロセスをじっくり楽しむ精神的な余裕が有ったのでしょう。しかし現代は終身雇用制度が崩壊した格差社会です。頑張りさえすれば誰でも将来が豊かになれるというバブル前提の社会に敷かれた安泰な人生のレールが壊れており、努力したところで先がどうなるのか分からないという不安を誰もが抱えていますので、何よりも希求されているのは「幸運」というわけです。ジャンプ大ヒット方程式で2番めに大事だった「努力」要素は主人公が挫折を経験してから何らかの修行過程等を経てチカラを獲得していく描写を何話にも渡って見せていくのが昔の黄金パターンでしたが、現代の読者や視聴者からは努力したところで幸運が重ならない限り成功できるとは限らないため、努力過程に感情移入してじっくり楽しむ余裕は失われていますのでこの要素はほとんど滅びました。ジャンプ漫画で最も大切だった要素の「友情」、すなわち、身内との団結心を確認し合う描写に関しては現代でも喜ばれる普遍性がそれなりにあるのでけっこう盛り込まれることが多いようです。しかし昔のようにそれが最優先の大切な要素ではなくなったので、大勝利の快楽を津波のように浴びせ続ける追体験要素を邪魔しない範囲でオマケのように挿入される程度と言えましょう。主人公最強っていうのは、昔からの伝統にのっとった、多数派でしょ。漫画とアニメなら、鉄腕アトム。外国映画なら、スーパーマン。水戸黄門なんて、何回も映画化?TVドラマ化されてるし。大衆の求めるものは、無敵の主人公。SAOのキリトみたいに、睡眠時間削って、命がけで、こつこつ、地道に、レベル上げするような、生真面目ラノベの方が珍しいのでは。最近のアニメは小説家になろうというサイトの作品が原作のものが増えています。そこで流行っているのがニートの異世界転生です印籠作品?なんの取り柄もない人が突然異世界に飛ばされ、不思議な力をなぜか手に入れ、俺Tueeee強ええwする作品が流行っています。なんの強みもない自分がどこか違う世界自分が優位に立てる世界で弱者をいたぶる快感を疑似体験できる、人間の弱さをうまく刺激するようにできているので人気なんだと思います。たまたま目についたのがそうだったとか、あなたの好みに合致するから印象に残ってるってだけじゃないですかね?今季の人気アニメと言うと、SAO、ゾンサガ、SSSS、ゴブスレあたりかと思いますが、いずれも無双はしていません。オバロは見てないのでパスしますが、転スラは無双系の典型例だと思います。一応苦戦する場面は結構あるものの、そんなに致命的な負けというほどのことは少なく、ラファエルの力でなんとかしちゃうってことが多いので。あれはあれで頭空っぽにして読めて楽しいですけどねー。SAOはそんなに無双してましたっけ? ザコ敵相手には割と勝ってるものの、各章のボス格相手には毎回一旦負けてから仲間の力借りてで勝つってのがお決まりになってるので、あまり無双という印象がありませんでした。直近の3章はそういう雰囲気薄めだったのと、今放送してるのが4章前半の序盤、まだボスが出てない対雑魚ゾーンだからそういう印象が強めに感じるのかもしれません。前半ボスは結構苦戦しますし、後半はそもそも群像劇化してキリトの印象が薄かったりで、また印象が変わるかもしれません。ゾンサガSSSSは全く無双してないですよね。ゴブスレも結構失敗してる場面多いですし、相手にしてるのがそもそも雑魚モンスなので無双という印象は薄い気が。まぁ娯楽作品ですので派手なもののほうが好まれがちな面はありますし、無双モノは比較的作りやすいのもあってか序盤の弱い時期が地味だと新規読者の獲得が難しいですから、そういうタイトルが目立ちがちな傾向はあると思います。といってもそんなに昔と変わったかというと首を傾げてしまいます。もしかすると生息ジャンルによって人気作が違ったりするのかもしれませんが……。私の場合は、例えば前期の話題作と言えば、細胞、ハイスコ、はねバド、ヤマ、前々期はイカジャム、P5、カムイ、その前は何だっけか、りゅうおう、ゆるキャン、高木あたり? と、無双系がそれほど話題になった記憶がなかったもので。現在放送中の成り上がりモノといえば、からくりサーカスとか禁書目録とかいいんじゃないかと思います。ちょっと前のも含めていいなら、アビスとかAWとかイカジャムとか魔法少女育成計画とかがそのタイプじゃないかな。ワンピースやジョジョは、別に主人公は弱くないと思いますが???むしろ鋼の錬金術師の方が、主人公より強そうなやつがガンガン登場してる印象???

  • splathax ポケモンのダンデってシンドバッドおじさ
  • 平成22年第5回 寄贈しなければいけないという義務はござ
  • 英単語について質問です 単語王とシス単はどちらが難しいの
  • オロナイン こないだ夜に1人でオナ二ーしたんですがした後
  • 小顔に整形 鼻と小顔の整形だけで大体どのくらいするんでし
  • Tagged

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です