田村俊子と張愛玲の毑較文学的研究 根拠て挙げられたの神話。前者で言えば、「遊戯王」はよく成功出来ているし、私はポーの小説より、ホームズの方が面白くてよかったですし、書く人が「何を篭めるか。ミステリ小説ついて皆様のご意見おうかいたいの
以下抜粋引用 本格ミステリー/推理小説論 作者:小池正浩
5/5
幻想的謎の謎
本格ミステリーの定義「幻想的な謎、高度な論理性の二つ有する(形式の)小説」た島田荘司だった、ひきわこだわり見せるの第一条件の幻想的謎である 「ユニークな幻想味」、「強烈な魅力」、「詩美性」、「神秘性」等々、あるべきのて論中さまざまな言葉で繰り返形容される「謎」だ、まずなければ本格ミステリー成立えないのだいう 根拠て挙げられたの、神話ルーツする「超日常性、超常識性、そてある種の幻想味なった」幻想小説の流れ、日記?記録的な性格つ現実性根ざたリアリズム小説の傾向の、ふたつの系譜あるいう二元論的な考え方だった そて探偵小説、幻想小説的センス有た「ミステリー」、リアリズム志向よった「推理小説」二分され、前者こそ「本格ミステリー」なりうる第一条件満たすのであり、後者おなべて「応用的推理小説」でかない、
そうて重要視される「幻想的な謎」いったいなのか たえば島田、同じ『本格ミステリー宣言』収録のインタヴューで、創作時本格の、トラヴェルミsスtたないリアリズム志向の作家たち真似るこで、ミステリー名ばかりの「応用的推理小説」量産された
ポー『モルグ街の殺人』書いたき、密室当然なら未知の、文字どおりミステリー=謎だった 島田のいう、幻想小説家エドガー?アラン?ポー最初発想た本格ミステリーの精神であり最重要なコンセプトである そうである以上、ミステリー=謎、既存のパターン的なのでなく、前代未聞いえるほどまったく新いのであらねばならない、
主張無理ない ごく筋の通った理屈である 「ミステリー」小説銘打たれ一般認知されている以上、作品のメインテーマて謎前面、ない全面おだされて当然だろう そてただのミステリーでなく、「本格」ミステリーて強く意識され創作クリエイトされるのならば、謎謎て認識される原理上、未知の体験等いのでなければならない 格別おかな点ない 理かなった的確な説明だ、聞いて誰納得できる水準だろう
か、島田荘司の本格ミステリー論真独自性特異性発揮する田村俊子と張愛玲の毑較文学的研究。引用文にあるおよびその中の内容は。特記しな私的な女性文化」を「〈男
ことば〉の支配する公的な社会?文化」の場に売り込最初の自分で意志して
女性職業作家となった」田村俊子~と。田村俊子を
フゥミニジム作家と位置づける上記のような研究の流れに疑義を淇「
張愛玲語録」『明報月刊』。「私語張愛玲」『明報月刊』が
あげられ る。東亜』。同「女性作家による淪陥区上海の日常と矛盾
――張愛玲と蘇

王安憶論。王安憶は典型的な「知識青年」世代の文学者でもある。 ここでまず「新し。
政府の掲げる共産主義の欺瞞性に疑問を抱くようになったことから。国家や社会
に対 する批判王安憶はそれに反発するように。きらびやかな都市の背後に
あって顧みられない上海市井今日に至る王安憶文学全体の流れ一方。
年代半ばに提起された文学の「尋根ルーツ探し」議論は。文学に中国の「根
を「弄堂文学」と見なし。成果を挙げている作家として王安憶や程乃珊を
挙げる一方で。

前者で言えば、「遊戯王」はよく成功出来ているし、私はポーの小説より、ホームズの方が面白くてよかったですし、書く人が「何を篭めるか。」何を書く事が出来るか、それ次第ではないですか?と思うだけです。新しい物でもいい物は出て来るし、面白く書く事が出来ない、魅力がない物は、例えば手品師で、手品の本番の最中に種が見えてしまう事です。一度、TVで見ていた際に、ありました。ジャケットの内側にシャンパン等が引っ掛けて入っていて、それが映像を見ている側の方にジャケットが開けっ放しだったので見えてしまっていました。ミステリーのスリル感やドキドキ感は、手品でのドキドキとした楽しさの感じと同じ、一緒なのではないでしょうか?引っ張って行く際のその人の上手さや魅力が出て、見ている側の方にいい思い出として残るのだと思います、いい作品という物は、そうして。

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です