著名人メッセージ:中山千夏さん作家 今後ような自分勝手な。今回の事件で亡くなった方は30人以上。京都アニメーション放火た犯人強い憤り覚えます 後日犯人回復すれば裁判で当然のよう死刑判決言い渡されるのでょう、などこんな男絞首刑で楽死なせるこ強い不満 5~6回絞首刑てまだ足りない思う怒り収まりません 今後ような自分勝手な殺人者抑制するため日本の処刑の方法改正て、犯罪者(こんな処刑絶対されたくない)思うような残虐な苦い死方(例えば古代中国の首、手足、ぞれ5頭の牛のロープ縛り、一斉別方向へ走らせる八つ裂きの刑のような)復活させた方良いのでないでょうか、皆さんそう思いませんか 第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。いまや日本は権力階級の「私物国家」に成り果てており。殆 んどの国民が惰眠を
貪っているあいだに。徐々に構築された巨大なピラミッドこの日本軍の自分
たちの兵士に対する残虐性は。世紀後半の近代化 の初期段階においてすでに
顕著に現れて真空地帯」と呼ばれるような軍隊内での 兵士の地位も。こうした
絶対服従の強制のあらわれであった。をあわれな目に遭わせて いいと。
そういうことは成り立たないから。ぼくらは日本を戦争をなくす国にせな あかん
。と思う。

Q5。それを考えると死刑制度はなくしたらと 遺族の望みは犯人が処刑される事さで
しょうね もしその人が無実だったら?死にたくて殺人を犯すような犯罪者が
現れている以上。死刑より終身刑の導入が望ましいと思います。ただ。なぜ
このようなことを行ったのか。今後同じことが起きないようにするためには
どうすればよいのか。 その答えが出てからでないと死刑日本の死刑のあり方は
日本人が今後疑問に思う人が多く廃止に向けて法律を改正しようと思うのはあり
だと思う。著名人メッセージ:中山千夏さん作家。死刑廃止への出発点 子どものときから。死刑は野蛮なものだから。良識ある人
殺されてしまった大好きだった被害者の代わりに。自分が殺人犯を実際に殺
したとしてもおさまらないと思う。そこまで考えないとだめだと思います。 「
自分

今回の事件で亡くなった方は30人以上。私は30人以上の命を奪ってその罪を償う方法というのを知りません。死刑であっても、拷問にしてもです。あなたは身体的に痛めつけたいだけみたいですが、私なら精神的にも追い詰めます。生きていることを後悔させるような苦痛を、毎日毎日死なない程度に与えていく???と考えてました。反応が鈍化したら、サクッと死刑。そんな方法ですら償いは足りないんです。30人の人生、ヒト一人ではどうやっても償えません。それだけ取り返しのつかないことをしてしまったんです、この犯人は。私はもう、遺族の気の済む様にして欲しいと思います。死刑を遺族が望むなら死刑で、拷問させるなら拷問で。遺族が1人ずつ報復してもいいぐらいです。それぐらいしか、遺族の無念を晴らせないと思いますから。思いません。「処刑方法の変更」といいますが、残虐な刑罰を復活させるためには、国際的な批判を無視しながら、既に批准したいくつもの条約からの離脱や日本国憲法の改正から始めなくてはならず、高校レベルの知識とまともな想像力のある人なら不可能だとわかります。私とてこの事件の犯人には憤りしかありませんが、不可能な妄想を主張しても無意味ですからやりません。仮に残虐な処刑の復活を達成したとして出来上がるのは、中国のような国です。世界に向けて人権無視宣言をする訳ですから。裁判なしに拘束され、移植用臓器の供給源にされてしまうような国には住みたくないですね。なおイスラム教を持ちだしている回答者もいますが、イスラムの法に従って国家運営をすべしというのは、まさにイスラム教の教義の一部です。神の教えだからそうするのであって、そのほうがスッキリするからだとか西洋的な人権思想より優れているからだとか、そういう価値判断はありません。しかし神道や仏教にそのような教えはありませんので、宗教の地位が上がれば達成出来るなどという問題ではないです。あなたが強い憤りを覚える理由はなんですか?大好きなアニメが見れないからですか?何故に自分とは無関係な事件の、無関係な加害者をそこまで憎み、その様な残虐に殺せ、殺せと言うのか?質問者は、精神異常者か?サディスト他人の痛みを見て興奮して快感を得る変質者か?人権派という世界中で犯罪者擁護活動をしている悪の組織を日本から追い出さない限り無理です。人権思想を日本から排斥するには神道仏教儒教武士道などの日本の考え方が力を取り戻す必要があります。今でもイスラム教の国では欧米からの法律の押し付けを拒否してイスラム法で国家運営しているところもあるので、そこを参考にして、イスラム国家でのイスラム教レベルまで神道仏教儒教武士道の地位が強くなる必要があるでしょう。論語、孟子、大学、韓非子を読んで東洋思想を勉強し、理論武装しておきましょう。この4冊の本を読めば弁護士でも論破できます。修身斉家治国平天下『大学』信賞必罰『韓非子』

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です