過去の安全保障講座 普通考えて相手対て攻撃躊躇させる軍事。憲法9条を小学校で習う文法を用いて普通に読むと?まず?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使は?国際紛争を解決する手段としては?永久にこれを放棄する??指示語『これ』とは?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?を指すが?倒置法を使っており?元に戻すと?国際紛争を解決する手段としては?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?となり?『これ』が指す内容となる?そして?『これ』を永久に放棄する?としている?主語は?日本国民??術語は?放棄する??何を放棄するのか。憲法9条ついて どういう理屈で9条堅守主張ているのでょうか たった今近く9条守ろう主張する街宣車通り、疑問思い 疑問っ単純書く9条守れば(たち)の命守られるのかいうこ 普通考えて相手対て攻撃躊躇させる軍事力持った方安全だ思うの 中国の挑発に軍事力強化急ぐ日本。中国海軍の活発な動きにアジア諸国は安全保障政策を変更。戦闘準備態勢を整え
たい自衛隊若い世代の多くは。中国と北朝鮮の脅威に対抗するため軍事力強化
を目指す安倍首相の姿勢を支持している。年に結成された第次安倍内閣
で防衛相を務めた小野寺五典氏は。「われわれはロシアが脅威だと考え。部隊を
北海道に集中させていある実験のあと。金正恩朝鮮労働党委員長は仮想攻撃
目標を示した地図を持って写真に収まった。これは普通の軍隊だ。

過去の安全保障講座。金澤博範理事長の挨拶で開始された安全保障講座は。防衛学群戦略教官室 橋田
和浩教授。人文社会科学群国際関係学科相手に対して。軍事力によってはその
軍事政治的目的を達成する見込みはないと説得すること年国家安全保障
の議論から。ロシアの軍事専門家が何を問題だと考えているか。軍の専門誌
を使って整理してみるイージス?アショアの運用方法。-
の位置づけ在日米軍?アンダーセン米空軍基地からの来援――対兵力攻撃の
余地2011年度122回5月レポート。しかしよく考えてみると。一番 最初に被災した人たちに届いたものは日本中の人
たちが送ってくれた救援物資でも募金で集まったたとえ憲法に日本は軍事力を
持たない。と決められていても不測の事態には懸命に最善を尽くす。攻撃をし
なければ。僕は決して自衛隊は軍じゃないと思うし。そもそも国を守る人た
ちがいなければ。この国は壊滅してしまうのである。自衛隊はあまり元々の
目的に縛られず。もっともっと災害救援として特化した部分を持った方が良いと
思います。

コラム:中国が「軍事力」で米国に遠く及ばない理由。以下に述べる2つはともに真実だ。1中国は急速に軍事力を向上させており。
一部の局地的もしくは地域的な中国は米国とは違い。世界規模での軍の展開や
戦闘には関心を持っていないからだ。この場合はソ連による陸路での攻撃だ。
対照的に。米軍は世界中に数百カ所の活動拠点を持っている。中国本土
に対する攻撃は極めて考えにくい。書で「米国は中国との間で。アジアおよび
世界の安全と繁栄を促す建設的関係の構築を模索している」とした。特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」。中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で。最優先目標に掲げ
ていたのは。本土沿岸に接近する中国は既に。米海兵隊のように敵前上陸を
敢行して先制攻撃を行う部隊の拡充に乗り出し。この「中国版海南シナ海で
中国に領海や海洋権益を侵害されていると主張する東南アジア諸国を米国が支援
する考えを打ち出した。ただ専門家の話では。解放軍は既に陸軍内に台湾侵攻
に不可欠な上陸作戦の訓練を受け。装備を持った強力な部隊が存在する。

中国から見た日本の改憲論議。日本の側だけで。「普通の国の普通の軍事力」といっても。それは必然的に北東
アジアの安全保障関係の変化を中国にとって。日本が軍事大国化するという
ことは。対アメリカとともに対日本も考えなければならなくなる。しかし。9
条以外を変えることが。なし崩し的に9条変えることにつながると考えている。
日中お互いに相手を必要としているのである。須田 日本は。アメリカと一緒
の方が脅威であるとして。独自の政策と独自の軍事力を持った方が良いという点
を第2部。これからのわが国の防衛政策は,このような認識を踏まえて考えていくことが
必要である。本章ではこのような観点から,軍事力の持つ意義と現在のわが国
防衛の基本的事項について述べることとする。このような気概を持つ国民と
その国民に支持された精強な自衛隊の存在は他国のわが国に対する侵略を
ちゅうちょさせ思いとどまらせる大きな力となろう。強力な日米安全保障体制
の下にあっても,我々は侵略に対して自ら責任を持って対処する心構えと準備が
必要であろう。

憲法9条を小学校で習う文法を用いて普通に読むと?まず?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使は?国際紛争を解決する手段としては?永久にこれを放棄する??指示語『これ』とは?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?を指すが?倒置法を使っており?元に戻すと?国際紛争を解決する手段としては?国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?となり?『これ』が指す内容となる?そして?『これ』を永久に放棄する?としている?主語は?日本国民??術語は?放棄する??何を放棄するのか??国際紛争を解決する手段としての国権の発動たる戦争と?武力による威嚇又は武力の行使?では?国際紛争?とは何か?それは?対立する当事国間で?一方の目標が他方の犠牲においてのみ達成されるような状況で?互に相いれない要求を掲げ?推し進めようとする事?この解決の為に武力行使する事を戦争と言うが?武力行使した時点で円満解決では無い?どちらかの国がどちらかの国に自国の目標思惑を強要しようとした結果だ?9条ではこの強要しようとする戦争を「国権の発動たる戦争」と表し?放棄している?国権の発動でない?受け身の戦争は放棄していない?要するに「自国の目標を他国に強要するために武力を利用する権利」を放棄している?よって?例えばC国が発動した国権により?日本の施政圏が武力による脅威を受けた場合?その脅威を排除する為に日本が武力を行使したとしても?それは日本が主体的に交戦権を発動した訳では無く?C国に誘発された自衛権なので問題無い?また日本に被害をもたらすことが明らかな艦隊?航空機群?弾道?巡航ミサイルが接近すれば?緊急避難により領域外でも攻撃可能?もっと言えば?日本に攻撃する事が明らかなら?ミサイルの発射準備に着手した時点で?当該国領域内でも攻撃可能昭和、衆議院内閣委員会 鳩山総理答弁船田防衛庁長官代読より意訳?ただし他国領域内への攻撃のみを目的とした兵器?及び他国領域内への攻撃も可能な兵器を?防衛を超えて他国侵略に十分な規模で持つ事は違憲?因みに目的語である?戦争?と?紛争解決の為の武力の行使?は同じ事を言っているが?旧日本軍が多用した?威嚇挑発?も入れたかったので?二つに分けたのだろう?更に?日本と諸外国の国際紛争?と限定していないので?他国間の紛争解決にも?日本が武力介入する事を禁じている?政府はこれを「集団的自衛権」として禁じているが、9条は日本が攻撃を受けた際に米軍と共同戦線を張る事を禁じている訳では無いので、個人的には少し語弊を感じる。次に?前項の目的を達するため?陸海空軍その他の戦力は?これを保持しない?前項の目的とは?日本の目標を他国に強要する為に武力を利用しない事?であり、この目的を達する為??陸海空軍その他の戦力は?『これ』を保持しない?となっている「陸海空軍その他の戦力を保持しない」とはなっていない。そして『これ』とは?日本の目標を他国に強要する為に武力を利用する権利??では逆に?日本の目標を他国に強要する為に利用できる武力?とは何か?それは日本の主張を飲ませる為に紛争相手国領域内でその国に物理的打撃を与え続け?強要する能力=紛争相手国領域内での戦争継続能力=他国領域内への戦力投射能力??『これ』を保持しない?となっている?最後に?国の交戦権は『これ』を認めない?となっていますが?ここでも?国の交戦権を認めない」とはなっていません。そして『これ』の説明はもう不要ですよね?上記の通り?日本語でも?軍隊を持たない?とは書いていない?しかし?戦力?とは攻撃力と防衛力から成っており?この内攻撃力を除いた物を?戦力?とは言わない?軍隊も自国の防衛権と他国への攻撃権という二つの権利を持つ受容出来る組織だが?その内他国への攻撃権を放棄すれば?厳密には?軍隊?では無い?この観点から?他国領域内への戦力投射能力とその権利を放棄した自衛隊は軍隊では無く?超強力な国境?沿岸?領空警備隊?自衛隊は警察権を根拠とする警察予備隊を前身としており?軍隊で無いことは明白です?よって改憲の必要性は全く無い??米からの要請で朝鮮戦争に従軍していた特別掃海隊のMS14号が掃海作業中に触雷して沈没?中谷坂太郎隊員が戦死したのを機に自由党は9条を盾に朝鮮戦争から?????????因みにこの作戦は違憲だったため?国は従軍決定に関わった政府関係者が全員死亡するまで隠蔽?79年になってようやく中谷隊員は戦没者叙勲される?中谷隊員は政府の命令で朝鮮戦争に従軍して戦死したが??日本の為に死んだ物では無い?として靖国は合祀を拒否?湾岸戦争や???戦争で戦闘に参加して戦死したとしても?靖国には入れない?まぁ最近の若い隊員が靖国に入りたいと思うかは解らないが?日本を地上戦にも参戦させたかった米は改憲を望むようになる?51年1/29~2/7まで行われた????吉田会談では?日本に対して10個師団30万の再軍備を要求する現行の陸自の倍の規模?要するに朝鮮戦争に参戦しろということだ?吉田は9条を盾にこれを5万の保安隊創設で??????その後も米からの再軍備要求は止まず?53年10/5~25で行われた池田???????会談でも再軍備とそれに必要な事を要求するが?自由党はこれも9条を盾に??????かわす?53年1月に????????政権の副大統領に就任した????は精力的に外国へ公式訪問し?11/15に戦後初の国賓として来日?日米協会の歓迎会の席で?????が日本の新憲法に非武装化を盛り込んだのは誤りであった?と述べている?米は??????再軍備要求をかわす自由党吉田?池田に失望し?CIAの前身となるG2を通じてA級戦犯の岸信介?児玉誉士夫と取引?巣鴨から釈放これを逆???という?54年?2人は日本民主党を結党?取引通り改憲再軍備を主張する?因に結党の資金源は戦時中に児玉機関が海軍の命令で????を売って作った金?戦時犯罪の追求を受けていた海軍はその金が存在すると???かった為受け取りを拒否?現在価値で3750億円とも言われる?????や????を?児玉が着服していた?55年?保守合同で自由党と合併してできた自由民主党が改憲再軍備の主張を受け継ぐCIAから資金が出ていた?57年?CIAの目論見通り岸が首相になり?日本乗っ取り完了?60年?岸は韓国の竹島占領は黙認する一方?安保改定に反対する学生???隊に対しては自衛隊の治安出動を要請する?赤城防衛庁長官が頑強に拒絶した為惨事は免れたが?危うく自衛隊の初仕事は国民の虐殺になるところだった?これを見ても岸信介自民党総裁の?日本国民と韓国に対する対応の違いが良く解る?米はそのまま再軍備させたかったが?日本政府の強硬路線が続いた場合?逆に日本の赤化が懸念された為米が断念?岸内閣総辞職?日米安保自然成立??????戦争では?9条の為に参戦しない日本への当て付けとして?63年?韓国に参戦要請?米は物資調達を韓国で行い?韓国は?????の奇跡を迎えるが?日本は???????から立ち直るのに苦戦する?74年?米がなかなか石油を回してくれない為田中角栄が独自??????外交を始めると?76年???????事件で追い込まれ?半身不随になる薬物による暗殺未遂の疑いも払拭できない?90年湾岸戦争?03年???戦争?共に???????国務副長官が参戦を要求する?湾岸は90億$出して参戦せずに済んだが?貢献した国に入れてもらえず????では道路工事にすり替えるのが限界だった空輸では違憲判決が確定している?このように米は日本に幾度と無く揺さぶりを掛けて来ており?9条が無ければいくつもの戦争に参戦させられていた?特に朝鮮戦争では?完全に再軍備させるのはまだ怖いので?戦車も重砲も無く?米軍の旧式歩兵銃でも供与されて最前線に投入され?前からは???の重戦車に乗った中朝合同軍が迫り?後ろは日本大嫌いな李承晩の命令を受けた韓国軍に退路を塞がれ?上からは米軍の雑な砲爆撃支援による誤爆で大損害を出していたでしょう?労働人口に大損害を受けた日本は高度経済成長の起爆剤となる朝鮮特需を逃し?以後鳴かず飛ばず?東南????の中でも特に貧しく?政情不安定で不衛生な低開発国の一つになっていたでしょう?そして朝鮮戦争はまだ続いている?世界でも稀に見る長期間に渡る日本の平和は?小規模な侵略に対しては十分な即応能力を持つ自衛隊の抑止力?世界最強の軍事力を持つ米を敵にしないための日米安保?そして軍事同盟国である米の参戦要求を断る根拠となる9条?この3つの絶妙な?????の上に成り立つ奇跡?一度失えば二度と取り戻すことはできない?以下要約『国連憲章は一つの国際条約に該当し?この採択が効力を有し正式に改正この場合は規定の削除がされる為には?総会の構成国の3分の2の多数で採択され?かつ安全保障理事会のすべての常任理事国を含む国際連合加盟国の3分の2によって批准されることが必要であり?これによりすべての国連加盟国に対して効力が発生する?批准手続きの詳細は各国で異なるが?通常複雑かつ迂遠な手続きを踏まなければならず?こうした状況から敵国条項は依然として憲章に姿を留めたままとなっている?1989年の日?平和条約締結交渉において?ソ連側が北方領土領有の根拠として第107条を上げたこともあり?影響は皆無でないという指摘がある??連の後継国???の???????????外務大臣も度々敵国条項を援用している?自衛隊は日米安保が根拠です。アメリカが自由に使うことが出来る軍隊です、そういう約束をしています。詳しいことは矢部宏治で検索して動画などをいくつか観てください9条1項2項死守!の安倍晋三やその支持者のことですか…。安倍晋三たちは、自衛隊の手足をしばったままの状態を維持し、自衛隊員を虐殺するのが目的かも…。まともな人間ではないですね。あげく安倍は、9条1項2項死守!だけでは満足せず、3項に自衛隊を記述することで、国防軍設立を事実上不可能にすることまでやろうとしています。3項に自衛隊を記述されたら、さらに改憲しないと国防軍設立は事実上無理です…日本憎悪の反日たちが移民推進の安倍を熱狂的に支持する理由は、安倍改憲案みてもよくわかりますね…。あなたは今の自衛隊の装備では不十分で、もっと軍備を拡張させるべきだと考えておられるのですか?今の憲法下で自衛隊は存在しています。一部の憲法学者が違憲だと主張していますが、国際法的に見ても専守防衛の組織を持つことを批判する国は無いでしょう。合憲派はそういう国際法を基準としています。では、なぜ改憲が必要なのでしょう?何処をどう変えたいのですか?それで実際に何を変えたいのですか?軍備拡張?攻撃型の装備?今の自衛隊では平和は守れないから、強化しろと?9条で平和が守れるとかどうとかではないのですよ。それは改憲賛成派が反対派を中傷するフレーズに過ぎません。何のために改憲が必要なのか?理由は「変えようとする側」にあるのです。私は変える必要性を感じないから改憲に否定的です。つまり「理由が無いから」なんです。理由があるのはあなたの方です。何が理由なのか分かり易く説明してくれませんか?改憲しなければ国が守れないという理由を分かり易く。「軍備拡張軍事力の強化」というご意見であれば、それだけで十分です。意味はそれだけで理解できますので。貴方のおっしゃる通りです。詳細な説明はyoh********様がされておりますので省きますが何故9条堅守を主張しているかといえば答えは簡単です。朝鮮半島や中国から支援を受けていて、元中国や韓国朝鮮の国籍を有していた方も国会議員にいる立憲民主や共産社民等護憲勢力は敵国である中国?韓国?北朝鮮親派で在日朝鮮人の組織である民団も彼らの有力な支援団体です。敵国にとって都合の良い現状は9条があって雁字搦めにしておいた方が攻める時に有利だから日本の政党としてでなく、日本を狙う中国共産党や、朝鮮半島の政党として考えるのが一番合点がいくと思います。政府解釈では、自衛権は持っており「自衛隊は必要最小限の実力組織」という位置づけです。そのため攻撃用空母、ICBMは持てないと解釈しています。現在自衛権まで否定している人は、あまりいません。共産党、立憲民主党も当然認めています。」安倍は、その解釈を変更しようとしています。最近空母に改装しようとしていますし、核兵器を使用することは憲法違反ではないと断言しているのが安倍政権です。安倍の示した改憲4項目の9条の部分が問題です。自衛隊を入れ込み、必要な措置を妨げないとなっています。そうなれば自衛権は拡大解釈され、ICBMで核攻撃することも憲法違反ではなくなります。戦争の危険が近づくのだけは間違いありません。そもそも安倍は、戦前の全体主義国家を目指しており、憲法改正がその手段なのです。「憲法改正誓いの儀式」の動画を見て下さい。安倍の本音と正体が理解できます。普通はそう。かれらは憲法9条があったから日本は平和だった、9条を守っていればこれからも平和だ。と信じているのでしょうね。憲法9条は戦後の総理大臣、幣原 喜重郎が起案しました。もう戦争はやめようという思いを込めています国際紛争の解決を武力で行わないという趣旨です防衛の武力は認めるというのは後の政治家が拡大解釈してます相手がビビる位の武力を持つのは、アメリカ?ロシアの戦略ですが、日本は防衛の武力は持つが、攻撃用の武力を持たないことで、武力の緊張感を造らない方針です産業育成に力を注いで、戦後、国力が回復しましたまともな人間なら人がいるのに鍵を壊して家に入ろう…としません。各国の軍隊はまともな人であり犯罪者ではありません。うーん、確かにね。マハトマガンジーの無抵抗主義も意味はあるのですけれどね。でも国家単位で、それをやっても、通用しない相手もいますから。例えば、大柄で筋力があり我欲が強くて短気なAさん、小柄で気が弱いけれども財産は持っているBさん、若い女性で美人で魅力的な体型のCさん。仮に、AさんとBさんが喧嘩になれば圧倒的にAさんが有利です。しかし、仮にBさんがナイフを持っていれば状況は変化します。この単純な理屈が「武装強化論」の根底にあります。アメリカでは、銃規制が進まないのは、この理屈があるためです。Cさんが拳銃を持っていれば、若い女性だからと手出ししようとしてもAさんもBさんも「簡単ではない」と慎重になります。そして、全員が拳銃を持ってしまえば、何かあった時には、仮に勝ち残ったとしても、自身も怪我をする可能性がありますので、全員が慎重になります。これが国際的な環境下での「核武装理論」の原点です。相当に単純化するとですよ。例えば、永世中立国のスイスは、国民皆兵性により強力な軍事力を持っています。いわゆる「ハリネズミ」方式です。手出ししたら怪我するぞというもの。長く戦乱が続いてきたヨーロッパでは、それぞれの国の間に不文律的な暗黙の了解として、国土を荒廃させるような軍事力の使い方はしないというものがあります。核を使えば全てのヨーロッパ諸国が崩壊しますから。そして、各国の根底に流れている王室?王族による「血の結束」があります。表面的には政治的に対立構造があったとしても、決定的な崩壊?衝突にはならないようバランスが取られています。上記の例でいうと、BさんやCさんが平穏無事に存在していけるのは、その前提条件として、安定した治安維持機構の警察や消防や役所が第三者として存在していることが必要です。だから、Bさんも?さんも武装しなくても平和に生活が出来ます。例えば、夜、寝る時には玄関に鍵をかけますが、もし、Aさんが、鍵を破壊して侵入しようとしたならば、警察に逮捕されますので、それは躊躇します。では現在の日本は。我が国の周辺には、「日本が憎い」と思っている国は複数あります。現在は、安保というアメリカの軍事力の後ろ盾があるから、どこの国も手出しはしませんが、チョコチョコと周辺では色々な事が生じています。領海侵犯や領空侵犯は茶飯事ですしね。仮に、アメリカの後ろ盾がなくなったら日本の国家保障は崩壊します。私は、そのように考えていますけれども、そうは考えない人もいます。そのような方々は、夜は玄関に鍵はかけないのでしょうかねー

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です