陶淵明?陶潜 便ち船捨てて口入る従りて来たる所問ふ。逆ですね。漢文でで 便ち船捨てて口入る従りて来たる所問ふ 便捨船従口入 問所従来 なるんか 『桃花源記とうかげんのき』原文?書き下し文?現代語訳。ある日。舟で谷川に沿って行くうちに。どれくらいの道のりを来たのか分から
なくなってしまった。 忽チ逢二フ桃花ノ見二テ漁人一ヲ。乃チ大イニ驚キ。問
レフ所二ヲ従リテ来一タル。具ニ答レフ之ニ。 漁人ぎょじん桃花源記。便ち … すぐに ? 従~ … ~から経由 ? 纔~ … やっと…だけ限定 [ 現代
語訳?書き下し文 ] 桃花源記 現代語訳?それぞれに ? 従りて来たる所 … 通っ
てきた道筋 ? 具に … 詳しく ? 要す … 強いて迎える [ 現代語訳?書き下し文 ]
津を問ふ … 道を尋ねる [ 原文 ] 晋太元中。武陵人捕魚為業。 縁渓行。忘路之遠近
。 忽逢桃花林。 夾岸数百歩。中無雑樹。便ち船を捨てて。口より入る。

陶淵明?陶潜。便舎船從口入。初極狹,纔通人。復行數十歩,豁然開朗。土地平曠,屋舍儼然,
有良田美池桑竹之屬。阡陌交通,鷄犬相聞。便ち船を舎すてて 口 從よ
り 入る。漁人 見, 乃すなはち大いに驚き, 從って來たる所を問ふ。
この桃花源記を読み進めて①の「男女衣著,悉如外人」の所まで来ると。前後の
文の続き具合から自然に「男女の衣服はみなまるで『異人。よそ者。晉人と違う
人』漢文桃花源記白文→書き下し文。リーズの古文?漢文指導では私がパソコンのワードで作成している特製
オリジナルのプリントを使用しています。 家庭教師の指導で便 捨 船 従 口 入
。 初 極 狭。 纔 通便ち船を捨て。口より入る。 初めは極めて漁人を見
て。乃すなはち大いに驚き。従りて来たる所を問ふ。 具つぶさに

「桃花源記」書き下し文と現代語訳。便ち船を捨てて口より入る。初めは極めて漁人を見て。乃ち大いに驚き。従り
て来たる所を問ふ。具に之に答ふ。便ち自ら云ふ。「先世秦時の乱を避け。
妻子邑人を率ゐて。此の絶境に来たりて復た出でず。遂に外人と桃花源記。今回は「桃源郷」でおなじみの陶潜が書いたとされている「桃花源記」を読んで
いきたいと思います。白文だと少し便ち船を捨てて口より入る。初めは漁人
を見て。乃ち大いに驚き。従りて来たる所を問ふ。具に之に答桃花源記陶潜?陶淵明。桃花源ノ記桃花源記。とうかげんのきとうかげんき 《陶潜。
とうせん》 淵明えんめい=字あざな<原文>晋太元中。武陵人便ち船
を捨てて。口より入る。《書》 漁人を見て。乃ち大いに驚き。従りて来たる所
を問ふ。

桃花源記。船。 従 口 入。 便ち船を捨て。口より入る。漁人を見て。乃ち大いに驚き。
従りて来たる所を問ふ。具に之に答ふ。自ら云ふ。「先世秦時の乱を避け。
妻子邑人を率ゐて。此の絶境に来たり。復た出でず。遂に外人と

逆ですね。便捨船従口入 問所従来を日本人が便ち船を捨てて口より入ると従りて来たる所を問ふと訓読したんです。で、その訓読というのは解釈であって日本語訳です。つまり、中国語を日本語に訳した結果そうなったと言うことです。

  • ふっくらうまい 加熱用の生じゃけをお刺身として間違えて食
  • ニコイチ9/17 気になっている女子が千と千尋のハクが好
  • 誰か話そう 誰か話そう
  • 楽天市場室内 部屋のドアノブを交換しようとネット通販で購
  • 申告書の提出方法 確定申告書類を税務署の時間外ポストに投
  • Tagged

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です