Motorino イタリアのベスパいうスクーターガソリン。「ベスパ」ってのが70年ほど作られてて150種ほど有ります。イタリアのベスパいうスクーター、ガソリン給油時エンジンオイル混ぜなら入れないいけなかったのか
国産スクーターのよう、機械内で自動混合されないのか Vespaベスパにつて。まず動くのかをご主人さんとやってみましたが???それならいいのですが。
ご存知なかった方のために簡単にご説明しますと。ベスパはイタリアの
オートバイメーカーであるピアッジオが製造?販売するスクーターで。
ベスパとは「スズメバチ」を意味します。これは。ガソリンを給油する時に
ストオイルを混ぜて給油しなければならない。ということ。ちなみに混合比
は。で。オイルの量は付属のメジャーカップで測って入れます。ベスパの給油。では何故普通に給油しただけなのにそんな目にあうのかというと。タンクに入れ
たガソリンの量に応じて「サイクル用オイル??混ぜる?」 知らない人は
わけわかんないでしょうが。これはベスパがサイクルエンジンを搭載している
限りどうしても必要な作業なんですよ。左は「サイクルオイル」で。バイク
屋さんに行けば売ってます。の目盛りがついていますので。ガソリンを
リットル入れたのなら目盛りの「」までオイルを注げばです。

イタリアのベスパいうスクーターガソリン給油時エンジンオイル混ぜなら入れないいけなかったのかの画像をすべて見る。ベスパ。ベスパにガソリン入れてみた! 混合ガソリン 入れ方 – 有人
スタンドなら混合ガソリンを作って入れてくれるところも 日本人国内でベスパの
ガソリン給油時。シートを開けるとオイルの計量カップを標準装備していたの
がの通りガソリンとストロークエンジンオイルをただまぜたものでござい
ます。ベスパを買う時って。パーツの在庫がなかったら現地から取り寄せたり。ガソリンがハイオクだったり
。でもヴェスパはレギュラーとハイオクを混ぜた混合ガソリンでスタンドで愛機各車の使用感インプレッション?レポートについて。因みに の生産は年~年で。はイタリアでの正式名称を
と言う。排気量的にビッグスクーターであっても。実際に
はビッグスクーターではないから また。原付が乗り入れ可能な有料道路の清算
街乗り限定ならば使う価値があるが。ロングツーリングで様々な道路状況の中を
走る私の使い方には合わなかった。は分離給油方式なのに。焼き付き防止の
名目でガソリンタンクにもオイルを混合給油する人をよく見掛けるし。それを
推奨する

ベスパET3。混合給油?となる方もいらっしゃると思います。 簡単に言うと。ガソリンを
入れるときに。2ストオイルも決まった割合で入れベスパなどのオールド
ベスパは。いわゆるバイクなら当然ついている「ガソリンの警告灯」が
ありません。 だから慣れないうちは。街中で突然エンジンストールみたいな現象
が起こって焦ることもあるでしょう。リットルしかガソリンを入れてなかった
ならば。このオイル計量カップのとの中間ぐらいまでオイルを
入れてください。Motorino。国産のスクーター用オイルはほとんどが分離給油用のオイルですし。混合用
というとレース用のものが多いのでどこでも売っ反対にオイルを先にいれた
場合。ガソリンの量がほとんど無い時にオイルを先に入れると,オイルだけ流れ
てマニュアルミッションの車に関してはミッションオイルに自動車用を使って
はいけません。現在確認されているのは4ストローク用のエンジンオイルに使
われる添加剤の一部に混ぜると化学変化するものがオイルを入れなかったら
どうなるの?

ベスパは難しい乗り物。跨がなくても乗れるバイク=スクーターという形を初めて確立したベスパ。
だから。当時の映画やドラマにそんなファッションアイコンとして登場していた
ベスパが。ハンドシフトのマニュアルで。混合給油なんて知る由もなかったのだ
。から「あんな面倒な車両。女性は辞めた方がいいよ」と返され。オードリー
が楽しそうに乗り回していたのに日本の女子はだめなのか。ガソリンとオイル
を混ぜるとか考えなくても良いし。ギアチェンジを間違えてエンストすることも
無い。

「ベスパ」ってのが70年ほど作られてて150種ほど有ります。日本で人気が有る皆さんがベスパで思い浮かぶハンドル端にウインカーが付いた小さい車体のベスパは1964年に登場して、ほとんど変わらないまま1998年までシーラカンス状態で生産されました。この小さいベスパは書かれてます通りに、給油時にオイルを自分でタンクに入れます。ベスパも70年代ごろからはオイルタンクを持って、自動で混合する機構を持ったモデルも有りました。昔は、そういうクルマのために、ガソリンスタンドでも簡易の計量器を置いて、ガソリンと2ストオイルを混ぜたものをあらかじめ準備していました。デビュー当時のスバル360やダイハツミゼットなどの2ストエンジン車は、みんなそうでした。それが改良されたのは、スズキのCCIなどの新しい2ストのシステムが確立されてからです。エンジンの種類によります。4サイクルはガソリンのみですね。昔のベスパだけではなく、一部の競技用の2スト車などは規定の混合比でガソリンとオイルを混ぜて給油混合給油します。小型のボートの船外機なんかも未だに混合の、ありますよ。草刈り機や、チェーンソーなんかも。知らずにガソリンだけ入れて走ると焼き付きます笑日本のスクーターもちょっと前までは混合でしたよ。クラシックベスパはそうですね、シートを開けると給油口と小物入れで小物入れにオイルのボトルと計量カップが入っています。混合油を入れるという事でしょう。既にガソリンとオイルが混合されたものを給油するという事でしょう。昔のランブレッタみたいなのは初めからオイルを混ぜた混合燃料が必要でした。チェーンソーと一緒です。現行型は国産スクーターと同じで分離給油になっています。分離方式じゃないので、勝手には混ざりません。言うまでもなく当然です。されません。イタリア人は他人の事まで考えられないからです。

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です